昔ながらのサービスでSEO

さぶみっと!JAPAN」といえば

かつてSEOという言葉がまだ世間に浸透していなくて、WebMaster達がとにもかくにも“アクセスアップ”を目指していた時代。

そんな時代に、「サーチエンジン一発登録 一発太郎」と並んで、検索エンジン登録の草分け的な存在で、過去5年くらい前からホームページを作っていた人なら、多分知っているんじゃないでしょうか。

その「さぶみっと!JAPAN」が従来の検索エンジン登録に加えて、SEOチェックツール、SEO対策ツールなどのSEO関連サービスを提供しています。

パッと見、高いなと思いますが、実際には、細かく必要なサービスのみを選ぶことができ、自分でできる事は自分でやり、足りない部分のみを買うという事が出来るので、これは大変リーズナブルなサービス。

特にYahoo!カテゴリ登録の「対策レポート」は、非常に便利。
Yahoo!カテゴリ登録の際は、いわゆる営業文句よりも、いかにユーザーに対して有益な情報を提供しているかを審査されますので、その辺は、経験とノウハウが必要になってきます。

このノウハウは、いくつものサイト登録をした経験があれば、なんとなくわかってきますが、一企業としては、いくつものサイトを立ち上げる事は、少なくノウハウを蓄積する機会が少ないと思います。
そういった点を、レポートでアドバイスしてもらえるのは、便利ですね。

さぶみっと!JAPAN

【Zen Cart】注文管理の検索結果で詳細が白紙

注文管理画面で、例えば「山本」で検索し、山本さんの注文一覧を表示させたとします。

山本さんといっても目的の「山本 太郎」さんの他に「山本 次郎」さんや、「山本 花子」さんなども検索に引っ掛かってくる。

この一覧画面で、一番最初の山本さんの情報を見るには、問題ないのですが、2番目以降の山本さんをクリックした場合、「白紙の検索結果」画面が表示されてしまう。

対策前のURL

「山本」で検索した時の一覧のURLは、
http://www.zencart.com/admin/orders.php?search=%BB%B3%CB%DC

一覧から2つ目以降をクリックした時のURLは、
http://www.zencart.com/admin/orders.php?search=山本&page=1&oID=1013

search= 以下の文字列がURLエンコードされずにそのまま出力されてしまっています。

試しにURL内の「山本」を元の %BB%B3%CB%DC に置き換えてみると正しく動作します。

なので、この一覧ページ内のURLを組み立てているphpファイルを探して対応する変更をします。

html_output.php の処理

今回のエラーの原因は、日本語などのマルチバイト文字で検索した場合に一覧の2つ目以降の行のリンク先URLにマルチバイト文字列がURLエンコードされずに出力されているのが原因です。

/admin/includes/functions/html_output.php
のファイルを変更します。

変更前 : function zen_href_link 内の if ($parameters == ”) のところ..
<html_output.php 43行目あたり>

if ($parameters == ”) {
  $link = $link . $page;
  $separator = ‘?’;
} else {
  $link = $link . $page . ‘?’ . $parameters;
  $separator = ‘&’;
}

変更後 : else 内に以下のif文を追加します..

if ($parameters == ”) {
  $link = $link . $page;
  $separator = ‘?’;
} else {

/** ここから追加 **/
  if ( $_GET[‘search’] ){
    $parameters = str_replace($_GET[‘search’], urlencode($_GET[‘search’]), $parameters);
  }

/** ここまで追加 **/
  $link = $link . $page . ‘?’ . $parameters;
  $separator = ‘&’;
}

Googleにも心配されている?

トップページのアドワーズ広告の話。

メインコンテンツが回り込むように表示しているイメージ広告なのですが、最近おかしな広告配信が・・

日中は、ありきたりなIT企業の広告や、経済新聞関係の広告が配信されていて、それは普通かなーと思うんですけど。

夕方以降になると、なぜか育毛関係の広告表示になってしまう。

「なぜ、そんな事を知っている!余計なお世話ですよっ!」

と言いたくもなるのですが。

トップページのどのキーワードに関連して表示されているのか謎です。(「社長」?「WWW」(笑の意味で)?)

アドワーズって、時間帯で広告の配信設定ってできるんでしたっけ?

赤塚不二夫先生が肺炎で死去

物心ついた頃には、すでにマンガの巨匠とも言える「ギャグの神様」赤塚不二夫先生が、死去されたそうです。

連載中のマンガは、ほとんど読んだことが無いのですが、いくつもアニメ化されていて、よく知っていました。

また、無類の焼酎好きで、インタビューの時も焼酎をコップ片手に受けているのを覚えています。

食道癌を発症したが手術で克服したそうですが、2002年に脳内出血で倒れ、闘病生活を続けていたそうです。

大好きな焼酎を最後に飲んだのは、いつだったのでしょうか?

ご冥福をお祈りいたします。そして、ありがとうございます。

おそ松くん・バカボン…「ギャグの神様」赤塚不二夫さん死去 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「天才バカボン」「おそ松くん」など、戦後ギャグ漫画を代表するヒット作で「ギャグの神様」と呼ばれた人気漫画家の赤塚不二夫(あかつかふじお)(本名・藤雄)さんが2日午後4時55分、肺炎のため都内の病院で死去した。72歳だった。

告別式の日時、場所は未定。喪主は長女、りえ子さん。

旧満州(中国東北部)生まれ。12歳の時に手塚治虫氏の「ロストワールド」に衝撃を受け、中学卒業後、新潟から上京。デビュー作は1956年、貸本少女漫画「嵐をこえて」。同年より、石ノ森章太郎、藤子不二雄氏らと共に東京・豊島区のアパート「トキワ荘」の住人となった。