日本の社会は「失敗できる」「失敗できない」

一度失敗したら二度と立ち直れない社会。日本。

そんな風に考えている人がいるみたいです。

哀しいけれど、半分現実で半分嘘だと思う。

立ち直れないんじゃない立ち直りたくないんだと思うよ。

結局は自分自身がどう考えて、どう行動するかだと思うんですよね。

(引用元)勝手に要約させて頂きましたので、詳しくはリンク先を読んでください。

失敗できない日本
http://mojix.org/2010/03/07/shippai_dekinai

  • 解雇規制がある為、正社員を解雇することがほぼできないので「お荷物社員」が増える
  • 失敗リスクの少ない新卒が「使いやすい」ので新卒に集中する
  • で、中途採用が少なくなり、転職が難しくなる
  • だから、就活で「失敗できない」

なるほどねえ。確かに解雇規制って労働者に対して過保護な気もするし、正しく運用されていないのかもしれないと思う。

失敗ができる国、日本
http://blog.livedoor.jp/kensuu/archives/51016213.html

  • 大きな失敗をしても、それが全力を出しきってやっている限り、解雇されないので、思いっきり失敗できる
  • 解雇されない代わりに部署移動システムで、ノーリスクで様々な職種を経験できる
  • 挑戦に対するハードルは高いが、一度走ってしまえば、失敗が許される仕組み

んー、こっちもなるほど~。

前者の方は、社会の仕組みというか会社視点で、新卒採用に偏っている現状を紹介しているわけですが、後者の方は、労働者視点で今の日本の会社の仕組みを紹介しているんですね。

さらにもう1ページ・・

失敗を許すことは強さの証
http://d.hatena.ne.jp/keitaro2272/20100120/1263984398

  • アウトプットの失敗を懲罰するのではなく、インプットの失敗を防ぐことにシフトしていくべきです

解雇規制だとかのルールを盾に、「(何もしなくても)失敗しなけりゃいいんだー」っていうのを防ぐようにするべきってことですね。

私自身は、大学出ているわけでもないし、スキーで骨折して松葉杖のまま最初の正社員になった人間です。

サラリーマン生活もその後、数年経験しました。小さな中小企業で、世間からは底辺のように思われている規制の厳しい業界でしたがwそこで数年のうちにアルバイト→正社員→主任→課長→部長と、いろいろ経験させてもらいました。

解雇規制ってのは、あってもいいと思うけど、それを盾に使っちゃダメだと思う。あくまで「後ろ盾」でなくちゃいけない。「盾」で守られているのは安心かもしれないけど、それじゃあ相手を見ることもできないし、ビジネスの戦場には、出られないよね。

社長やりたくないの?

「社長って面白いよ?やってみれば」よく言いますw
逆によその社員から会社の愚痴をよく言われますw

世の中に不満があるなら自分を変えろ 其れが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮せ 。

だいたい、新卒で30人雇っても、その中から出世できるのって何人よ?
部長とか本部長とかって会社に何人いる?社長は何人?

1人の本部長がドカッと座っている間に新卒は何人会社に入ってくる?
(任期3年で毎年30人新卒とったら90人!)

90人に1人が部長になれるかどうかの倍率で平社員からコツコツやっていくより、会社を興してしまえば、自分がトップ(社長)だし、愚痴・不満は自己責任でどうとでもできるじゃないか。

まあ、この辺の考え方はいろいろで、合わない人もたくさんいるのはわかってる。

私の弟なんか特にそうで、いつでも石橋を叩いて壊しちゃうタイプw 結局、何もしなかったってのが多い。

弟よ!30手前で萎縮しすぎだろwww

「ゆとり」って言ってしまえば、簡単かもしれないけど、それじゃあ何の解決にもならないよね。

「うちの部長がサー」「社長はまた海外で遊んでるんだからー」とか言ってる場合じゃないだろうと思うんだよね。

さらにそのまま社内失業なんてなったら、目も当てられない。
会社は解雇規制だとか、(元)労働者からの訴えにビビってクビを切ってやることもできないのに、定時に上がって居酒屋でクダを巻く。

何の生産性もないのは、本人も分かっているのに、辞めたら収入が途絶える事に恐れをなして何もできない。

なんで何もしないのサ。

それは、金がある人のヘリクツだよ

とか言うかもしれないけど、私自身はマンション差し押さえられて1,000万円の借金を抱えて財布の中身が数百円になっても起業した。

1円持って、会社の口座を作りに行ったこともあるし、謄本(手数料1,000円)取りに行くなんて決死の覚悟だったw

それでも自分がやったことでお客様から入金があり、売り上げがあがって、お客様から感謝されることがあるって凄く嬉しい。

例えそれが、粗利数百円の事でも。
自分がやった事に対する対価だと思うと、もっと頑張ろうという気になれる。

そういうの体験したらいいと思う。
または、そういうのを体験させてあげるのが社員教育なのかな。

なんにしろ「今(言われて)、やってまーす」「教えてもらってないのでやってませーん」とか多すぎるよ。
ggrks!とは、言わないがw いろいろやってみて欲しいよね。

うちはまだ社員がいません(キリッ

ちょっと編集者っ何やってんのw

まあ、こんな日もありますよね。

ってか、人が更新してるんだね。自動更新してるのかと思ってたけど、違ったみたい。

messengerメッセンジャー立ち上げた時のトゥデイウィンドウ。

ヘッドラインが、テンプレートのままで、公開しちゃったみたい。

ここのニュース、いつもチェックしてたのに、残念。。

asahi.com(朝日新聞社):アマゾンに140億円追徴 国税局「日本にも本社機 能」 – 社会

勉強しておいた方がいいの・・・かな(汗

てっきり日本の会社が納税してるもんだと思ってたんだけど、それを回避する仕組みがあったんですね。

asahi.com(朝日新聞社):アマゾンに140億円追徴 国税局「日本にも本社機能」 – 社会

日米租税条約では、米企業が支店など「恒久的施設(PE)」を日本国内に持たない場合、日本に申告・納税する必要はない。アマゾンは市川市に物流センターがあり、仕入れた書籍などが置かれている。

こうした倉庫はPEに当たらない。しかし国税局は、米関連会社側のパソコンや機器類がセンター内に持ち込まれて使用されていた▽センター内の配置換えなどに米側の許可が必要だった▽同じ場所に本店を置く日本法人ロジスティクスの職員が、米側からメールなどで指示を受けていた▽物流業務以外に、委託されていない米側業務の一部を担っていた――などに注目。

アマゾンで買い物すると、売り上げはアメリカ本社に行き、そこからアメリカに納税される。日本のお金でアメリカの政治が潤う仕組みになっていたんですね。

今回、問題となったのは、アメリカ本社から委託されている「物流業務以外の本社業務」を担っていた。って所がポイントなんだそうで。

ニュースで気になったので調べてみた・・

日米租税条約 (Wikipediaから引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%9F%E7%A8%8E%E6%9D%A1%E7%B4%84

日本は、2003年、最大の経済上の戦略パートナーであるアメリカとの所得税に係る租税条約を全面改訂した。旧条約は、日本が未だ途上国であった時代に締結されたものであったため、源泉地国課税に配慮した内容であったが、日本が先進国の仲間入りをし、海外進出が盛んになるとその弊害が喧伝されることとなった。

新条約においては、OECDモデル条約をその基礎としている、といわれているが必ずしもその内容はモデル条約と同一ではなく、OECDモデル租税条約を基礎としていると理解するのは困難である。しかし、他の条約にあまり類を見ないような画期的な内容も盛り込まれている。

まず、相互に投資所得(利子、配当、使用料など)に対する減免を行った。とくに、ライセンスなどの使用料所得については旧条約では10%とされていた最大税率を相互に免税としたことは画期的であり、今後両国間での投資促進への寄与が期待されている。

また、新条約は他の租税条約例よりもより有利な恩典内容となっていることから、租税条約の恩典を実際には享受すべきでない者がこれを悪用する、いわゆる条約あさり (treaty shopping )が想定されるため、これに対処すべく恩典を享受できる者について詳細な規定が盛り込まれている。

日米間では、租税条約というものが結ばれていて、二国間で二重課税される事を排除する仕組みがあるそうです。

この租税条約二の仕組みを利用する事で、二国間のいずれかの国に納税すればいいことになる。

しかしながら、PEと呼ばれる恒久的施設がある場合、そこでの業務については、所在国での納税が必要だということ。

今回アマゾンは、国税局から140億円の追徴課税ってことだけど、これが認められると、単純に日本の税収が上がるって事でいいのかな?また、今までアメリカに全て納税していたものが、日本にも納税するので、アメリカの税収が下がる?

東京都議会議員選挙のご案内 いわゆるトギカイセン

都議会選の整理券が届いた

東京都議会議員選挙 投票所整理券在中

整理券と、お知らせが一通・・

200907041705000

お知らせの裏面は、「期日前投票所一覧」

NEC_0145

 

地図にしてみた・・・


より大きな地図で 東京都議会議員選挙 投票所 を表示

お客様からの声

インターネットの上で、ビジネスを展開する者の一人として、いつも思う事は

お客様の声

だと思います。

インターネットビジネスでは、直接、お客様と対面で取引するわけではないので、特にお客さまからの声を大切に考えます。
相手の顔が見えないから、口頭でお話を頂く場合だけではないので、より一層慎重にかつキチンとお客様に対応しなければいけないと思っています。

ところが、大きな企業になると、そうではないみたいなんですね。

大企業だから、現場での対応に多少マズイとこがあっても仕方ないとか、そういうレベルじゃないとよく分かります。

どちらの企業(NHK(日本放送協会)朝日新聞社)も、本社対応ではなく、お客様からの声を聞く窓口を用意していて、そこでの対応のようです。

ネット企業では、メールや、チャットでの対応のみで、電話や対面窓口を用意していない事を問題にする場合が多くありますが、対面窓口があってもこんな対応では、意味がないのではと思ってしまいます。

今年の流行語大賞候補「現場の判断でございます

朝日新聞社については、一般の民間企業なので、スポンサーとの関係で多少の偏った意見があるのはわかります。
ただし、ここまで大きな企業体となってしまっている朝日新聞社が、こんなにもグダグダではぐらかす様な真似や、購読者の電話を切ってしまったり受話器を置いて放置したりしているのは、どうかと思いますね。

おかしい企業ですよね。

NHK(日本放送協会)については、総務省が管轄する「特殊法人」であって、民間の企業ではないんです。
云わば国営の企業なわけであって、公共放送を行う企業体なんですね。

公共放送を行う会社に対し意見を聞こうとしても「現場の判断でございます」で、済まされてしまうのっておかしくないですか?

言論の自由が認められる日本だとしても、公共放送(NHK)と朝日新聞社、日本政府、日本国民、また諸外国の意見、全てが自由に勝手な事を言ってていいんだろうか?

大きくなった企業はもはやコントロールを失っていると思う

朝まで生テレビ!を見てみた

トヨタ、ソニーなどの超大手企業の「雇い止め」「派遣切り」「内定取り消し」などで国民生活はどうなるのか、またどうしていかなければいけないのかという事について討論されてました。

最終的には、セーフティネットを拡充し、働きなおしやすい環境を作る事が大切だという感じにまとまったみたいです。

私も昨年は会社を休業させたばかりで、セーフティネットの恩恵を受ける事も出来ず、いつ止まるか分からない携帯電話1本で次の仕事を探しているわけですが、日本のセーフティネットは、グダグダだと思います。

働きたくて頑張っている人や、明日の生活も分からない人ほど苦労をしている。
ずる賢い人は、失業保険を受け取りながら、小遣い稼ぎをしていたり。窓口でゴネた人が生活保護を受け取り、「おにぎりが食べたい」と言って人が自殺している。

今は一人で他社の事務所を間借りしている会社の社長ですが、大きくなったら派遣社員を入れたり大規模なリストラをしなければいけなくなるのでしょうか。

100年に一度の恐慌だとか言われてますが、これからの数年間、日本の雇用関係、会社の在り方がどう変わっていくのか、今どういう会社を育てなければいけないのか考えないといけないと思います。

今回の放送を見て気になった言葉(メモ)

  • セーフティネット
    雇用保険、社会保障、職業訓練とか、生活保護など。
  • 社会主義
    政府(国)が企業に介入して、事業を助ける。国策として事業を応援する。
    環境事業や、最先端技術の為の事業や、介護・医療事業など。
  • 株式会社が農業に参入できるように規制緩和
    現在の農地法では、株式会社が参入できないようになっている。
    日本の農業の活性化を図るために株式会社の参入は必要。
  • 派遣法の見直し
    派遣社員でも3年以上働いている人には正規雇用するか確認する義務が会社にはある(知らなかった)。
    派遣切りをしやすい仕組みなっている。
  • 大手企業の内部留保は過去最高
    「金ならある」って事。
    同時にトップ役員の報酬は過去5年間に約2倍に増えているという事実。

新・裏ビジネスモデルが成り立つのか「偽装認知(違法)」

日本人男性なら、「日本国籍」を「売る」事が出来そうです。

国籍法改正案というものが、先日衆議院を通過したそうで、早ければ、来月8日にも施行されるそう。
この「国籍法改正案」というのが、クセモノで、日本人男性が「認知」すれば、結婚していなくても認知した子供に日本国籍を認めるというものだそうです。

また、この「認知」から始まるコンボがスゴイ。

  1. 日本人男性が外国籍女性の子供を「認知」し、子供に日本人国籍を与える⇒子供(日本国籍)
  2. 子供の母(外国籍)に「在留特別許可」、日本国籍が与えられる⇒母(日本国籍)
  3. 夫(外国籍)に「在留特別許可」、日本国籍が与えられる⇒夫(日本国籍)

上記の夫婦、親子は全員外国人であったのにも関わらず、申請手続きを進めることで日本国籍を取得できてしまうらしいです。

ここで、こんなビジネスが成り立ってしまうかもしれない(すでにあるかもしれない?)
(違法です)

  • 謝礼は数十万円!(20万円以上)
  • 日本に住む(外国人の)子供の認知を行ってください!
  • 手続きは簡単です、最寄りの役所へ申請書類を提出するだけです。
  • DNA鑑定など面倒な検査不要。
  • 婚姻事実も不要。認知だけでOKです。

数十万(場合によっては数百万)を貰って、子供を認知するだけで、外国人一家全員に日本国籍を与え、日本人としてしまうそうです。

もちろん、この事実(偽装認知)が発覚すれば、偽装認知した日本人男性は、処罰されます。しかし、その処罰が「1年以下の懲役、または20万円以下の罰金」だけだそうです。

ちなみに偽装認知が発覚しても、すでに取得されている日本国籍を喪失するかどうかは、不明です。偽装認知した日本人男性が処罰されているので、それでOKってことかな?

まとめサイトはこちら 【 国籍法改正案まとめWIKI

国籍や外国人問題では、こんなニュースも。

比国籍の少女退去で法相に嘆願書

日本で生まれ、日本の学校に通う13歳のフィリピン国籍の少女が、強制送還しないでと訴えている問題です。退去期限があと7日に迫る中、少女と両親が20日、法務大臣に署名と嘆願書を提出しました。

「お父さんとお母さんにも不法滞在という重大な責任があるけれど、わたしはフィリピンという母国があっても、日本で生まれ育って、日本の学校に通って友達がいるので、このまま日本で暮らしたい」(カルデロンのり子さん)

彼女の場合、生まれたのも日本で、日本人としての教育を受けているので、在日を認めてあげてという声も多いみたいです。

ところが、問題はそこではないだろう。日本が13年以上もの間、不法滞在の事実を調べられなかったのが、本当の問題じゃないのだろうか。

この「カルデロン・のり子」の両親「カルデロン・アラン・クルズ(父)」と「サラ(母)」は、「他人名義の偽造パスポート」で日本に不法滞在していたそうです。

この問題を「子供がかわいそうだ」というだけで、「偽造パスポートによる不法滞在」を認めていいのか?

この問題でも子供は、まだ13歳なので、「国籍法改正案」が施行されていれば、誰か日本人男性が子供を認知すれば、のり子さんは日本国籍を取得でき、上のコンボ炸裂で一家全員日本人になれちゃうんですが。

「反日」のはずなのに、何故日本人になりたがる???

この問題(国籍法改正案)をググってると、出てくる話題が中国人、韓国人、朝鮮人の話題。

上のYoutubeでも何故か外国人の背景は「中国国旗」になっていますw

国籍法改正案や、二重国籍の容認、外国人参政権の問題になると必ず出てくる話題が、在日韓国人や中国人、朝鮮人による日本への侵略だとする話題。

ニュースでもたまに見かけるけど、これらの国は基本的に「反日」。政府、教育から徹底的に反日指導をしている。(たまに情勢が不利になると反日緩和しているみたいですがw)

そういう彼らが、日本国籍取得にそんなに躍起になるのか疑問ではあるが。

例えば、これを機に日本人として大量に潜伏し、国家自体を数で制圧してしまうのではないかとか。いろいろ言われているわけです。彼らの国はどれも「軍隊」を持っているのだから、きちんと侵略してくればいいのに。
日本は9条の問題とかあって、交戦しないわけだけど。「戦争をしないと言っている国に侵略してはいけない」なんて国際法があるわけじゃないのにね。

彼ら(中国、韓国、北朝鮮)は、日本の何かを恐れているのかな?

関連ワード

  • 外国人参政権(在日参政権)
  • 二重国籍取得の容認

今回の「国籍法改正案」、もともとは、カルデロン・のり子さんのように、日本に住んでいて日本人として生活しているのに、国籍(戸籍)のない子供に社会的保障をという裁判で、国籍を認めるとする判決があり、現状の国籍法には、矛盾するとして改正する必要があるというのが、発端らしいです。

ただし、その改正案の中身が、いい加減すぎで 「 ザル法 」 になってしまったというわけです。

博士も知らないニッポンのウラ(情報番組)

「ええーコレってecoじゃないのー」とか目から鱗な、情報がいっぱいの番組があった。

こういうの好きだなー。
世の中には、相対的というか逆説的な物が溢れている!

正しい情報を正しく取得する方法を身につけなければいけないと思った。

バックナンバーは、こちらのページからも見れます。

博士も知らないニッポンのウラ シリーズ

違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が 撤退 – GIGAZINE

まじで、韓国人は DVD で(ハリウッド)映画とか見ないの?

「DVD は、売らないけど BD はやるよ」って感じの記事じゃないんですよね。

撤退の理由が、「違法ダウンロード」や「海賊版」の横行による、売り上げの減少だそうで。もはや、韓国では「映画はダウンロードしてみる」って時代らしいです。(違法な)ビデオオンデマンドってやつですね。

ワーナーの発表によると、今後は韓国のデジタルインフラを基盤に適した健全な市場を作るために努力するそうです。

NGNまでは、まだ普及していない韓国ですからしばらくはYoutubeサイズな映画をパソコンで見る感じになるんでしょうか。または、WOWOWみたいな衛星放送とかデジタル放送で見るのかな?

違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が撤退 – GIGAZINE

ワーナーホームビデオコリアは割引店と直接取引を開始して流通構造を新しく開拓したほか、DVDの大衆化のために低価格政策を展開するなどして、過去10年間韓国のビデオ・DVD市場で1位を独占し続けてきたものの、深刻な不法ダウンロードによる収益減少で、事業を撤収することにしたとのこと。
なお、以下の記事によると2006年にはユニバーサル、パラマウント、ブエナ・ビスタ、20世紀フォックスのホームエンタテインメント部門が軒並み韓国のDVD業界から撤退しており、9月末でソニー・ピクチャーズも撤退したため、ワーナーホームビデオコリアのみが韓国に残っていたそうです。

innolife.net>>>韓国ニュース>>>ムービー>>>ワーナーブラザーズ韓国で一部事業撤収

ハリウッドのメジャー映画会社ワーナーブラザーズの韓国でのビデオ・DVD事業部門ワーナーホームビデオコリアが、来月末撤収する。これでハリウッド直配のホームビデオ部門は、すべて韓国から撤収することになった。

ワーナーホームビデオコリア(www.whv.co.kr)は10日、来月31日付で韓国内のビデオおよびDVD事業から撤収すると発表した。1999年9月法人を設立したワーナーホームビデオコリアは、三星電子などハードウェア会社および、他のメジャースタジオと提携しビデオおよびDVD事業を始め、過去10年間国内ビデオ・DVD市場で占有率1位で活躍してきた。2002年には割引店と直接取引を開始して流通構造を新しく開拓し、2005年にはDVD大衆化のために低価格政策を展開した。ワーナーホームビデオコリアは、2006年MBCとデジタル事業での関連戦略協力のためMOUを締結し、2007年iMBCとダウンロード事業を始めるなど、付加版権市場の活路を多角的に模索した。しかし、深刻な不法ダウンロードによる収益減少で、韓国内事業を撤収することに決定した。これに伴いワーナーのビデオ・DVDは、すでに撤収した他の直配社と同じように、本社とライセンス契約を結んだ韓国業者を通じて発売されるようになる。

中日新聞:宗太郎君さよなら 名古屋で「送る会」:社会(CHUNICHI Web)

なんだかなあと思う記事。

何か残してあげたいという親御さんの気持ちも分からなくもないが、これは違うんじゃないかな?

ニュース記事では、「星の命名権を購入」ってあって、ネットでは、「そんなもんに金かけるな」「何のための寄付だよ」「他の募金を必要としている団体にまわせよ」といった意見が多いみたい。

中日新聞:宗太郎君さよなら 名古屋で「送る会」:社会(CHUNICHI Web)

救う会は、米国の星名登録機関を通じて、命名権を購入。星に「SOTARO」の名を付け、この日の送る会で母親の優子さん(36)に登録証明書を贈った。優子さんは「こうした形で残してもらい、支えてくれた人たちに感謝したい」と涙。

で、星の命名権って実際、いくらくらいかかるのって思ったら、3万円程度で購入可能みたい。
※ ただし、これは日本の会社を通した場合の価格で、もっと安く購入できたのかもしれません。

でも、募金した人たちから見れば、「宗太郎君の手術費用の為」に頑張ってほしいという気持ちで募金しているのに、それとは関係ない所に寄付金を使われるのは決していい気持はしないんじゃないだろうか?

例えが悪いかもしれないが、銀行の目的ローンと、サラ金のようなイメージかな?
(寄付した人は、前者の目的ローン的な意味合いで、「手術費用の為」に募金している)

お母さんは、こういった取られ方をするだろう事を想定していなかったのだろうか?

いくらなんでも 身勝手 過ぎる気がするのだがどうだろう?

また、マスコミの取り上げ方にも問題があるのかもしれない、きっと送る会の現場では、他にもいろんな話があったのだろうし、その中で「星の命名権」に関する部分は、一部だと思う。
それを意図的に要約して、あたかも「寄付金は星の名前に使われました」的な表現にしているともとれる。

宗太郎君には、ご冥福をお祈りします。

しかし、世の中には、同じような病気で苦しんでいる人たちが、まだまだ沢山いることを彼らにも知ってほしい。
自分たちだけが、特別、かけがえのない命。それは、誰しもが思うことなのだから。