Vista使えるじゃん。

ネットでは何かと「Vista使えん」「2K最高!」とかいう意見が多いですが。

まあ、使ってみれば、なんてことは無いです。
どうせ、数年で古いOSは手に入らなくなるので、少しでも早いうちに慣れておいた方がいいのかも。

先週末に届いたXPS420でVista満喫中です。

普段使うアプリは、Adobe関係とメール、ウェブ関係なので、今のところ何の不便も無く使えてますね。

数ヵ月後の心配としては、お試しのアンチウィルスソフトのMcAfeeをどうするかですね。

ECスタジオさんでは、イーセットスマートセキュリティがお勧めみたいです。NOD32の後継ソフトで、軽いことと検出率の高さがウリようです。

このイーセットか、McAfeeのAOL版かどっちかを検討してみます。
または、AOL版のカスペルスキーを入れてみる手もありますが、古いインストーラーで今でも使えるか疑問です。

Vistaで困った点

  1. 日本語切り替えが「半角/全角」ボタンでできなくなった。
    NT4の頃のように「[ALT]+[半角/全角]」で、切り替わるみたいです。
    それだけならまだしも、一部のアプリでは、「半角/全角」で切り替えができるものもある。(この辺がやっかい)
  2. 非アクティブウィンドウのスクロールができない。
    XPでも標準ではできず、フリーソフトを使って、非アクティブウィンドウのスクロールを実現していたんですが、それらのソフトが軒並みVistaに対応していません。
    XP互換モードで立ち上げてみてもだめだった。Windowの取り扱いが変わったのかな?
    追記::Vectorで「かざぐるマウス」がバージョンアップし、Vista対応になっています。これでOK!
  3. アイコンの枠が紛らわしい。
    アイコンにマウスオーバーすると四角い枠が出るんですが、それって「ボタン」に見えるじゃないですか。
    でもダブルクリックしないと開かない。
    この辺が、なんかストレス。どうせならMacOSみたいにボタン表示にしてワンクリックで開いてもいいのに。

Vistaの面白いところ

  1. 日本語フォントが良くなった。
    これは、ウェブ開発する側から見ると良くも悪くもあるのですが、使用者の視点からいえば、良くなっています。メイリオフォントっていうんでしたっけ?
  2. 思ったほど重くないな。
    CPUがPentium4からCore2Duoですから、その恩恵も大きいですが、メモリを3GBから2GBに落としてあっても今のところ非常に快適です。
    SecondLifeもだいたい普通に歩き回れます。
  3. クラシック表示も残ってます。
    これは、例えば「XPだったら、コンパネのこのへんに・・・」などとOSの設定を探したりするときなんか、クラシック表示のコンパネがあるのは、大変助かります。
    あと、重くなってきたりしたらテーマをクラシックにしてやり過ごすとか。

あと、思ったのがWindows Liveのアプリ群で大体のネット系のソフトを利用できるんですが、Live+Googleアプリで、ほとんどが完結できてしまいそうなんですよね。

もはや、WindowsとLiveアカウント、それとGoogleアカウントがあればいいんじゃないかと。そう考えるとVistaって安くない?

Googleアプリでは、独自ドメイン向けに「Google Sites」がリリース(英語)されましたね。早速導入して実験中です。

Google Sitesは、Web Pagesとは、一味違ったウェブコラボレーションツールといった感じでしょうか。Wikiのように複数人でページの作成ができるみたいです。

Technorati タグ: ,,,,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です