MacBook にメモリ増設したら起動しなくなったよ

Amazonで買った4GB×2枚のメモリに換装したらMacBookが起動しなくなった。

セーフブートでは起動できて、ちゃんと8GBメモリ認識してるからハードウェアは大丈夫みたい。
となると起動途中で、なにか行儀の悪いソフトウェアが邪魔をしてると思われる。もしくは、HDDのI/Oエラーか何かが原因。

●やってみたこと

  1. セーフブート(Shiftを押しながら起動)
    まるで問題なさそうに立ち上がるので、以下の作業はセーフブートで。
  2. PRAMのクリア(Option+Command+P+Rを押しながら起動)
    ボーン、ボーンと起動音が2回以上してからキーを離す。
  3. OnyXでHDD検証
    S.M.A.R.T検証は通ったものの、HDD検証でエラー発生!
  4. インストールCDでディスクユーティリティを使ってHDD修復
    まず、今回の場合CD起動(Cを押しながら起動)が何故か出来ない状態だったので、一度セーフブートした状態でシステム環境設定の「起動ディスク」でCDを選択して、そこからさらにセーフブート。これでCDから起動ができた。

ここまでやってみて、全く改善しないので、HDDフォーマットしてクリーンインストール開始です。

あいにく、有料ソフトは、CodaVMware fusion 3 だけなので、それらのシリアルをメモって、あとはサックリとフォーマット開始です。ヽ(´ー`)ノ

●その後、、、

結局、クリーンインストールしてもダメでした orz

もともとMacに入ってたメモリが DDR3(PC3-8500) なのに対し、今回入手したメモリは DDR3(PC3-10600) だったので、そのへんの相性問題でしょうかね。

セーフブートでは、認識出来てるので、大丈夫だと思ったんだけどなー

結局、元の2GB×2枚の構成に戻してしまいました。

あ、でも、やっぱりメモリが不足するのは目に見えているので、かわりのメモリをポチっときました。

むしろ、高くなってるし・・・orz
まあ、しかたないか。

さて、これから環境の再構築です。

●入れるソフト

Chrome
Windows環境でも使ってる、普段使いのブラウザ。
ブックマークや拡張機能を同期できるので、MacでもWindowsでも同じようにブラウジングできる。

OnyX
Macの細かい設定や、メンテナンスできるソフト。あまり使いこなせてない。。

Growl
なんか、いろんなアラートを表示してくれる。

Quicksilver
ランチャーソフト、キーボードからソフト起動できるので便利。

MacPorts
UNIXソフトのインストールに。

Dropbox
言わずもがな、ファイル同期ソフト。

Sugarsync
Dropboxと同じ。

Evernote
タスク管理、および開発メモ用。

Coda
いかにもMacライクな、HTMLエディタ。FTPも内蔵してるので、サイトを直に編集してるような事もできる。

VMware fusion 3
仮想化ソフト。主にWindows環境を立ち上げるために使用。
BootCampだとリブートしなくちゃいけないんで、それがめんどくさい人は仮想化ソフトを使う価値があると思う。
あとで、Windows7のセットアップしなくちゃ・・

FileZilla
オープンソースのFTPクライアント。Windowsでも使ってるので。

GIMP
Photoshop代替ソフト。

Inkscape
Illustrator代替ソフト?。まだ使ってないw

OpenOffice.org
Office代替ソフト。とりあえずWindowsで作った文書の閲覧に。

MAMP
WindowsでいうXAMMPのようなソフト。ローカルにLAMP環境を立ち上げることが出来ます。また、簡単に停止できるってのがこの手のソフトを利用する理由かな。

ソフトのダウンロードURLとかも、記載したほうがいいかなと思ったけど。
まあ、ソフト名でググって下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です