【やはり】椅子は安物じゃダメだ

デスクの椅子を新調しました。

Ergohuman PRO Ottoman EHP-LPL KM-14

以前から、気になってたエルゴヒューマンのヤツです。
近所の家具屋に取り扱いあったんで、30分くらいじっくりと試座させて頂いたり、メッシュのほつれ具合はどうかと店員さんと話し込んだりした上で決定。

色はブラックが無難なんでしょうけど、いかにも「事務用」「展示品」的イメージがあったので、グリーンを選択。
メッシュの横糸(エラストマー)が黒色なので、深い落ち着いた色味のグリーン。
これも、店員さんにメッシュのサンプル生地を持ってきてもらって、じっくり検討させてもらいました。

1万円以下の安い椅子

今まで使ってた椅子は、IKEA の MALKOLM
革張り風の回転チェア。
MALKOLM ボームスタード ブラック
ゆったりした作りで、クッションも程よい硬さで良かったんですが。
リクライニング機構と、大きさがダメでした。
IKEAの椅子は、私の体格には、大きすぎました。

約10万円の椅子はこんなに違った

リクライニング機構がしっかりしてると俄然捗る!
以前の記事に書いた、この椅子もそうなんですが。
リクライニングした時に、座面が動かないのがいいんです。
(MERRYFAIRの場合、座面がちょっと前にスライドするんですが)
MALKOLMは、背もたれと座面が固定されているので、どんなにリクライニングしても、腰の角度が固定されたまま。
これが、思った以上に辛かった。
長く座っていると、体重が分散されないためもあって、お尻に褥瘡ができるというアクシデントにも見舞われました。

後傾姿勢がいい!そして今回はオットマン付きだ

やはりパソコン使った仕事の人は、後傾気味の姿勢がベストです。
この椅子のレビューに、ヘッドレストが調整できず、首が窮屈ですって人がいるんですが、そう思う人って、まっすぐ椅子に座る人なんじゃないかと思うんです。
確かに、この椅子のヘッドレストは、背もたれより前に出っ張ってます。
でもこれは、リクライニングを1、2段階下げて、後傾姿勢で座った時に、デスクの正面に頭をサポートする物なんですよ。
リクライニングしないで、まっすぐ椅子に座るタイプの人は、むしろMALKOLMのような椅子がしっくりくるんじゃないかな。
最後に、今回、ぎりぎりまで迷ったのがオットマン付きか無しか。
近所の家具屋さんでは、前のモデルのころから何度も試座させてもらってて、オットマンを引き出す機構がなんかちゃちいなと思ってたんです。
「これに1万円だすのかー」とね。
でも今回オットマン部分が改良され、ラチェット式になり、細かい調整ができるようになった上に、前のモデルにあったオットマンのガタつきも改善されていたので、オットマン付きに決定!
今回の、エルゴヒューマンはどこのショップも値段は横並びで、どこで買っても同じような感じでした。
そこで、ポイント還元の一番大きかったWORKAHOLICの楽天市場店で買いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です