Windows が消える日(俺の中ではな)

使わなくなったけど、なんか愛着あるし、大金叩いて買ったPCだから、安易に捨てたくないな―と思って、いつも押入れの奥に鎮座していたPC共を処分することにしました。
いよいよ、我が家から、Windows PC が無くなります。

パソコンの廃棄については、パソコン廃棄で検索すれば、無料で処分してくれる業者がたくさん出てきます。
ですが今回は正攻法で、PCリサイクルを利用します。

PCリサイクルは、PCメーカーが処分・リサイクル費用をあらかじめ負担していて、消費者は、無料で処分ができる仕組みです。
PCリサイクルを利用できるPCには、PCリサイクルシールが貼り付けられています。

PCリサイクルシールの無い、自作PCなんかは、先のPC廃棄業者を利用するしかないですね。

で、今回処分するPCは、以下の2台。

VAIO Type-R Master

ついに手放します。
電源ボタンが3箇所もあり、メインユニットとアクセスユニットのセパレート構造といい、いい意味の変態PCでした。
いくつもの会社を共に渡り歩いてくれた、相棒です。

 DELL XPS420

2台目は、主に自宅用に使ってたXPS420です。
逆BTXマザーボードを採用する、ちょい変態PCでした。
本体上部にある、ミニディスプレイは、全く使わなかったなあ。

あと、この筐体、上部にゴムシートが貼ってあって、モバイル充電などのトレイとして使えるようになってるんですが、ゴムがホコリを吸着しちゃうわ、そもそも机の下にしまうから、使わない機構でした。

PCリサイクルは、各PCメーカーページにそれぞれ、受付フォームがあるのでそこから送付状をリクエストします。

ソニー 使用済みパソコンのリサイクル
DELL 個人向けコンピュータリサイクルサービスご利用のご案内

申し込みから3〜5日程度で、送付状が送られてきます。
送り主、送り先とも全て印字済みなので、記入不要なのは助かります。

エコゆうパック送付状
じゃじゃーん。
PCリサイクルは、PCダンボールとか、用意しなくていいんです。
ポリ袋に入れて、送付状貼ればOK。
そもそも、廃棄目的ですから、緩衝材も梱包材も不要ということなんでしょうね。
自治体がゴミ袋指定しているので、無地のポリ袋を近所の金物屋で買ってきました。
送付状貼ったら、こんな感じ。

あとは、郵便局に電話して集荷して頂くだけですね。

*実は、昨日一日、電話してみたんですが、混雑してるらしく全くつながりませんでした。まあ、家の裏にあるので、台車転がして持って行ってみようかと思います。(暑くなければね)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です