タグ別アーカイブ: メール

Google Apps のメールをIMAP&Thunderbirdで使う時の注意

はてな からリンクが貼られてました
http://q.hatena.ne.jp/1257429626

質問者の方は、下記の方法でも改善されなかったみたいですが、Thunderbird3では、高速な検索機能が追加されていて、そのインデックス作業に非常に時間がかかります。

おそらく、質問者の方の環境でもThunderbirdが一所懸命インデックスしていたんじゃないですかね。

私の場合、一つのGMailアカウントが7GBほど使ってたんで、一晩放置して翌日からようやくまともに動作するようになりました。その間、インデックスが終わるまでは、Chromeからウェブアクセスで対処するのがいいです。

独自ドメインのメールをGoogle Apps で使っているんですが。

レンサバのメールサーバーで使うよりも容量が多く。なによりも迷惑メールフィルタが優れているのが便利な理由。

また、IMAPにも対応していて、自宅や会社でメールを同期する事ができ、将来的にもモバイルでメールを同期できる(と考えられる)ので、おすすめです。

ところが、Thunderbird にIMAP で標準的な設定を行った場合、最初は問題ないようでも、しばらく使っていると同期(受信処理)に時間がかかったり、メールが開かず、ずっと真っ白なままの場合があります。

私の環境で、3~4年分くらい使っているんですが、最近では、全く役に立たない状況になってしまい、メーラー(Thunderbird)が悪いのか、プロトコル(IMAP)が悪いのか、困っていました。

同じような症状がないかと、ググってみたら…

どうやら、「GMailのIMAPは、遅い」「GMailのIMAPは、標準仕様の『一部』を採用しており、完全ではない」「GMail(IMAP)のtrashフォルダの使い方に注意」などなどの情報が出てきます。

GMailのIMAPでは、ゴミ箱をIMAP準拠のtrashでは使っていなくて、Thunderbirdで一般的な「メールの削除」を行うと、imap/trashラベルを付けるだけで、メールを削除していないのが原因のようです。

そこで、ThunderbirdでGMail(IMAP)アカウントを正しく設定する方法。

  1. 「ツール」→「オプション」→「詳細」から「設定エディタ」を起動する。
  2. 「フィルタ」欄に「mail.server.server」と入力し、「値」に「imap.gmail.com」と設定されている項目をリストアップする。
    その時の「設定名」の番号を記録しておきます。
  3. 「設定エディタ」ウィンドウの上で、{右クリック}→「新規作成」→「文字列」を選択し、「設定名」を「mail.server.server*.trash_folder_name」(*は、2で記録した番号に置き換える)とする。
  4. 「値」に「[Gmail]/ゴミ箱」と入力する。
  5. Thunderbirdを再起動する。

これで、メール削除の際に、Gmailのゴミ箱フォルダを使用するようになります。

Thunderbirdを再起動する場合の注意として、Thunderbirdは、終了時の終了処理をウィンドウクローズ後に行っているので、終了後すぐに立ち上げると、前の設定のまま立ち上がる(新しい設定を読み直さない状態)事があるので、終了後1分程度の時間を空けてから立ち上げる。

こうすると、フォルダツリーのゴミ箱アイコンが、[Gmail]フォルダ以下に移動し、アカウントツリー直下にtrashフォルダが残っていると思うので、trashフォルダは、ツリーから削除する。

下書きフォルダ、送信済みメールフォルダもGMailの物を使う。

標準の設定では、下書きフォルダや、送信済みメールフォルダをローカルに保存するようになり、受信環境のそれぞれのPCに分散されてしまうので、GMailフォルダを使用するように変更する。

この設定は、簡単でフォルダツリーから、アカウントを{右クリック}→「プロパティ」を選択し、「コピーと特別なフォルダ」の設定項目から、[Gmail]以下のフォルダを指定するようにすればOK。

迷惑メールの設定も同じようにしておけば、Thunderbirdで迷惑メールとして処理したメールをGMailが学習してくれて、さらに迷惑メールフィルタの精度が向上する(と思われる)。

ここまで、設定してみたところ、当初のようなモッサリとした状況は改善され、非常に快適に使えています。

KompoZerとVistaの謎

前のエントリーでもちょっと書いたHTMLオーサリングソフトですが。

使い勝手の良さでKompoZerを使い始めています。

ところがなんでか理由が分からないんですが、XPでは問題ないのにVistaにインストールしたら不具合が。

その不具合というのが、サイトマネージャにサイト情報が保存できないという物。はっきり言って致命的でした。

Mozilla、SeaMonkeyでは、どちらも問題なかったのにKompoZerだけ変なんですよ。

諦めかけてVistaでは、SeaMonkeyを使っていたんですが、今日もう一度KompoZerをダウンロードしてきたら使えるようになった。

さっぱりわけわからん。

でもまあ、つかえてるからよしとします。
いいソフトですからね。

HTMLメールの作成(iso-2022-jp)

HTMLメールでメールマガジンを発行してみようと思って、メールスタンドに「melma!(メルマ!)」を選んでみました。

で、表題のHTMLメールの作成なんですけど、メルマの場合ウェブ上にアップしたHTMLページを読み込んで、HTMLメールにする形式なんですね。

(てっきり、HTMLAREAとかTinyMCEみたいなWYSIWYGエディタが使えるんだと思ってました)

じゃーDreamweaverでいっちょ作って見ようか!
となるわけですが、ここで問題発生

HTMLメールで配信するには、ソースコードをJIS(iso-2022-jp)で書かなくちゃいけないんですね。UTF-8でもGMAILとかが対応しているので全くだめなわけじゃないんですが、現状のメールソフトの状況を考えるとJISで書かないと駄目みたい。

そう、DreamweaverはエンコードにJIS(iso-2022-jp)が無いんですよ。

(ちなみにDreamweaverで選べる日本語のエンコードは、Shift-JIS、EUC-JP、UTF-8の3種類)

そこで、Dreamweaverの機能拡張か、JISでHTMLを書けてそこそこ使い勝手のよさそうなソフトを探したんですが、Dreamweaverの機能拡張には、見当たらず。

そして昔使った懐かしのMozillaコンポーザーにたどり着いた訳です。

Mozillaコンポーザーは、NetscapeスイートにもバンドルされているHTMLオーサリングソフト。

※Netscape自体は既に更新を終了していて、ブラウザとして使うには危険なセキュリティホールが放置されています。ブラウザとして使うのは、止めときましょう。

Mozillaスイートの最新版は、1.7.13ですが、日本語バージョンは現状で1.7.12となっています。その上のα版にいくつか日本語バージョンがあるみたいですが、今回は安定性を考えてリリースバージョンの1.7.12を使います。

Mozillaは、Netscape同様、初期起動でブラウザのみが立ち上がるのですが、その他のメーラー、コンポーザー、IRCなどは、ウィンドウ左下のボタンから起動できます。(設定で初期アプリを変更も可能です)

コンポーザーが立ち上がったら、ページの初期設定から文字コードをiso-2022-jpにしてあげればOKです。

コンポーザーはFTPクライアントの機能もあるので、作ったページはすぐにウェブにアップできます。

ページができたらメルマの管理ページに行って先ほど作ったページを読み込ませれば、HTMLメルマガの発行準備完了です。

!気がついたけど、Mozillaスイートがあれば、他のアプリいらないじゃん。なんて贅沢なセットなんだ。

でわでわ。

追記::

よく調べたら、このMozillaコンポーザーを元にNvuKonpoZerといったHTMLオーサリングソフトが公開されていました。

どちらも完全な日本語化はされていないみたいですが、HTMLページの作成上は、JIS(iso-2022-jp)での作成は問題ないみたいです。英語がちょっと読める人は、こっちがおすすめかもしれません。

ちょうど同じくらいのタイミングで、こんなエントリーを見つけました。参考になります。

HTMLメールの制作時に気をつけたい9つのポイント

9番のより小さいスペースでもよりデザインについては、750pxではなくもっと小さいスペース(500pxくらい?)を意識した方がいいかなともいます。

たぶん普段のメーラーでもプレビューウィンドウを使っている人もいるだろうし、最近流行の3カラム表示などは、メッセージ部分に750pxも無い人が多いんじゃないでしょうか。