Coke + iTunes キャンペーンの当選頻度解析

コカ・コーラについてくるシリアルナンバーでiTMSミュージックがプレゼントされるキャンペーン

その当選確率について検証しているのが下記のブログ「WEB in the morning」

WEB in the morning
http://webcross01.net/2007_08/03.html

コカコーラキャンペーン

ここで、どんなシステムなのかを勝手に分析してみました。

これで、当たる確立は高くなるかもしれません。

 まずは、彼の検証分析に対する信頼性の評価から見てみますと・・・

  1. 「毎日25,000曲プレゼント」というコピーから“毎日25,000件の当選がある”と仮定しているところ
    信頼性は低い。
    コカ・コーラ社と、Apple社の契約では、キャンペーン期間中に190万曲(*1)のダウンロード権をコカ・コーラ社がApple社から買い取っているという形式になっていると思われる。
    *1・・・キャンペーン期間76日×毎日25,000曲当選=1,900,000曲当選
    すなわち、キャッチコピーの「毎日25,000曲プレゼント」というのは、キャンペーン期間中の中で1日の平均当選数を25,000曲となっていると推測できる。
     
  2. 彼の分析のうち、2番、3番は、キャンペーンの仕組み上あまり現実味が感じられない。
    私が推測する、“この手”の当選システムはこうなっていると思う。当選ナンバーは、事前にシリアルナンバーには、紐付けられていない。
    シリアルナンバーは、キャンペーン対象商品の購入者であることを確認する為のいわば、クッキーのようなものであり、重複当選を防ぐ役割を果たしている。当選ナンバーは、アクセスされた時にランダム(厳密には、なんらかのアルゴリズムがあるかもしれないが)に決まる。
    当選したときに、そのシリアルナンバーが当選ナンバーと紐付けられる。
     
  3. 彼の分析では、“1日に25,000曲当選しなければならない”があるので、アクセス数が少なければ、1日の終わりに残りの当選数が集中するであろうという事だが、逆に考えればこうなる。

    1日の始めに“先着25,000件”を当選させてしまったらどうだろう?
    すごく簡単な抽選システムができると思う。25,001件目のアクセスからは、一切当たらない。日付が変わったら0カウントにリセットされるので、また連続で当たりが集中する。しかしこれは、ありえない。ありえなさすぎる。また、1日の定義を午前0時を基準と考えているが、日付の更新が午前0時であるとは限らない。むしろアクセスの集中しやすい22時~2時前後は、サーバー側で更新するという事は、しないだろう。
     

では、どうすれば“当選確率”を高める事ができるかという事を考えてみよう。

  1. キャンペーン期間は76日間
  2. 1日の最大当選数は25,000曲
  3. キャンペーン期間中の最大当選数は、1,900,000曲

サーバーの抽選システムが、アクセスタイミングの重複を避ける仕様になっているとして、通常UNIXTIMEで最小単位となるミリ秒(1/1,000秒)をアクセスタイミングの最小単位として。

1日は86,400,000ミリ秒なので、当選確率は25,000/86,400,000 = 1/3,456 となる。
すなわち、3,456本のコカ・コーラを買い、3,456枚のブラウザでシリアル番号を全て入力済みにしたうえで、3.456秒以内に全てのシリアル番号を送信すれば、確実に1件以上の当選を獲得できる。

また、逆に考えれば3.456秒ごとに1曲当選していると考えられる。

ではその3.456秒に1の当選を勝ち取る為には、どうすればいいだろうか?
もちろん上記の3,456枚のブラウザで送信を一斉にというのは、現実的には不可能に近い作業なのでそれ以外の方法を考えてみる。

・・・・いや、無理だって。
逆に1回当たったら、その3.456秒後に送信するとかしたら、もしかしたら“連チャン”するかもしれないけど。

などと、いつもくだらない問題で、真剣に考えてしまう。こういう週末の過ごし方は、少し楽しいかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です