障がいを持ったマジシャン・・・世界にたった一人

「脳性まひ」という「個性」を持った世界にたった一人のマジシャン。
森裕生クンに会ってきた。

当日は、森裕生クンのマジシャン生活5周年と26歳の誕生日(の次の日)という事で50人以上の人たちが集まって来ていた。

「でんしれんぢ」の皆さんも楽しんでました。→でんぶろ

私たちは、先日知り合った社長から「面白いマジシャンがいるんで紹介します」の一言から、一度会ってみたいと思って当日の飛行機で駆けつけたんですね。

そしたら当日、背中に「障がいなんて関係ねぇ」とプリントされたTシャツ。胸には「一日一笑 ミスターハンディ」。この青年がミスターハンディ(森裕生)だ。

初対面で、お互い時々ジッと目を合わせるが声をかけづらい。。
(この時、お互い同じ気持ちだったらしい・・)

パーティは、だいたい滞りなく終了し、私たちは、ミスターハンディのアシスタント兼所属事務所社長の宮原さんとともにファミレス「ジョイフル」へ。

ミスターハンディは、よくしゃべる!本当に面白い。
そしてよくいろんな事を考えている。
時々、話す事が興奮しすぎて、お茶をこぼしたりもするけど、とにかくよくしゃべる。

今時の若い子でも、こんなに自分のやりたい事、仕事のことについて熱く語れる人は少ないんじゃないかな?

今後のミスターハンディの活動方針と、それぞれの自分たちがやれる事、私たちができる事を語り合い、この夜は4時近くまで時間を忘れて語り合ってしまいました。

翌日も予定があったのにごめんなさい。
翌朝10時から韓国出張だというのに、井村社長ごめんなさい。

私たちは、ホテルのチェックアウトを遅らせてしっかり休んでしまいましたw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です