違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が 撤退 – GIGAZINE

まじで、韓国人は DVD で(ハリウッド)映画とか見ないの?

「DVD は、売らないけど BD はやるよ」って感じの記事じゃないんですよね。

撤退の理由が、「違法ダウンロード」や「海賊版」の横行による、売り上げの減少だそうで。もはや、韓国では「映画はダウンロードしてみる」って時代らしいです。(違法な)ビデオオンデマンドってやつですね。

ワーナーの発表によると、今後は韓国のデジタルインフラを基盤に適した健全な市場を作るために努力するそうです。

NGNまでは、まだ普及していない韓国ですからしばらくはYoutubeサイズな映画をパソコンで見る感じになるんでしょうか。または、WOWOWみたいな衛星放送とかデジタル放送で見るのかな?

違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が撤退 – GIGAZINE

ワーナーホームビデオコリアは割引店と直接取引を開始して流通構造を新しく開拓したほか、DVDの大衆化のために低価格政策を展開するなどして、過去10年間韓国のビデオ・DVD市場で1位を独占し続けてきたものの、深刻な不法ダウンロードによる収益減少で、事業を撤収することにしたとのこと。
なお、以下の記事によると2006年にはユニバーサル、パラマウント、ブエナ・ビスタ、20世紀フォックスのホームエンタテインメント部門が軒並み韓国のDVD業界から撤退しており、9月末でソニー・ピクチャーズも撤退したため、ワーナーホームビデオコリアのみが韓国に残っていたそうです。

innolife.net>>>韓国ニュース>>>ムービー>>>ワーナーブラザーズ韓国で一部事業撤収

ハリウッドのメジャー映画会社ワーナーブラザーズの韓国でのビデオ・DVD事業部門ワーナーホームビデオコリアが、来月末撤収する。これでハリウッド直配のホームビデオ部門は、すべて韓国から撤収することになった。

ワーナーホームビデオコリア(www.whv.co.kr)は10日、来月31日付で韓国内のビデオおよびDVD事業から撤収すると発表した。1999年9月法人を設立したワーナーホームビデオコリアは、三星電子などハードウェア会社および、他のメジャースタジオと提携しビデオおよびDVD事業を始め、過去10年間国内ビデオ・DVD市場で占有率1位で活躍してきた。2002年には割引店と直接取引を開始して流通構造を新しく開拓し、2005年にはDVD大衆化のために低価格政策を展開した。ワーナーホームビデオコリアは、2006年MBCとデジタル事業での関連戦略協力のためMOUを締結し、2007年iMBCとダウンロード事業を始めるなど、付加版権市場の活路を多角的に模索した。しかし、深刻な不法ダウンロードによる収益減少で、韓国内事業を撤収することに決定した。これに伴いワーナーのビデオ・DVDは、すでに撤収した他の直配社と同じように、本社とライセンス契約を結んだ韓国業者を通じて発売されるようになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です