連絡in Ver.β

そんなに新しいサービスではないんですが、「ワンタイムID」でメールの送受信を提供するサービス。

連絡inにブラウザでアクセスすると30分間だけ利用できるメールアカウントが発行されて、その送受信メールはブラウザ上でWebメールのように扱うことができる。

連絡inに掲載されている規約を見る限り「常識の範囲内で利用して下さい」「悪い事には使わないでください」とかありますが、どう考えても悪いことにしか利用方法が浮かばない。

連絡inを紹介しているニュース記事などを見ると、出先などでファイルをメールしてもらう際に、一時的に利用できるメールアカウントとしてとか、客先のPCを借りてファイルを受け取る際に便利だとか。

いやいや、そうじゃないだろう?
Webサービスのアカウントを大量に取得したいときに、便利なんじゃないの?

連絡inであるサービスのアカウントを取得してしまえば、その後、DMが送られてくることもないし、未払いのサービスがあっても、請求されることもないし、そういう“悪い事”をしたい人にはうってつけのサービスなわけです。

で、我々のようなWebでサービスを提供したいと思っている側の人間からして見ると、このサービスの存在は結構邪魔になったりします。

まず、メールアカウントでもってユーザー登録を済ませるところは多いと思いますが、そのタイミングでは送受信出来ていても、連絡inの場合、30分経過したら、誰も受信しないメールアカウントになってしまうわけです。

対策としては・・

  1. 連絡inのメールアカウント「***-***@**.renraku.in」を登録不可のアドレスに指定する。
  2. 定期的にメール確認をして、存在しないメールアカウントのユーザーは凍結する。
    (renraku.inのメールサーバーが、存在しない場合のエラーを返してくるかどうか不明)

等が考えられますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です