資本主義から社会主義へ、そして

資本主義で成功した人たちが、こぞって社会主義的になっていくのは何故かって話。

なるほどねー。納得理解のお話でした。

このように考えると、資本主義社会の成功者が社会主義的になるのは、むしろ当然のように思えてきます。
なぜもっと多くの成功者が社会主義者にならないのかとさえ思えます。
資本主義社会の本質は下克上です。
だったら、いったん成功したら、新たな規制を作ったりして挑戦者が自分の地位を脅かさないようにするのは当然ではないでしょうか。
危険を犯して必死で今にも崩れてしまいそうな橋を渡りきったら、次の者が渡ってこれないように橋を壊してしまえばいいのです。
暴力で覇権を握った者、あるいは国が、また暴力で自らの地位を奪い取られないようにするために、平和を強く説き、暴力を最も重い罰則でもって禁止するのと一緒です。
競争を勝ち抜いた成功者が社会主義的なことをいいだしたら、僕たちはかなり注意して聞かないといけないでしょう。

金融日記:なぜ大金持ちや大成功した人達が時に社会主義者になるのか?

資本主義のもとで、成功するのは大変しんどいですからね。
頑張って頑張って勝ち取った成功を後から追ってきた者に、刺されたらたまんないですものね。ましてや、僕たちのいるIT業界は、日進月歩、いや分進時歩とでも言うべきスピードでライバルたちが切磋琢磨してます。

成功したなら、その次のライバルに足元を救われないように、守りに入るのは当然。

できる事なら、その頂きまでの道を破壊してしまうのが、一番ですね。

引用したブログを読んで、思った感想…

日本で「ちょいと成功した」小金持ちが、自己防衛の為になんて姑息な…って感じですね。

日本で教育が伸びないのも分かった感じがする。
だって、大金持ちが出てくれば出てくるほど、そこへの道は閉ざされていくわけだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です