背景が黒いページは『アングラ』?いいえ『エコ』です。

背景やページ全体が黒ベースのウェブサイト。さらにテキストベースで構成されているとパッと見、アングラサイトに見えてしまいます。

真っ黒な背景に白いテキスト、時々赤文字で強調されていると何かイケナイ事を書いてあるんじゃないかと不安になってしまうかも。

ところが、そんなイメージとはウラハラに実はとっても“エコ” だったという話。

背景が黒い「Black Google」は地球を救う – GIGAZINE

ウェブページにはさまざまな色が用いられていますが、なんと表示する色によって消費電力が異なるそうです。たとえばGoogleの背景が黒になっただけで、下がる消費電力はかなりのものだとか。だいたい年間30万ドルほどだそうです。

GIGAZINEの引用元から再計算してみました。

黒ページ 白ページ 黒ページにすると・・
消費電力 59W 74W -15W
10秒間 0.1638W 0.2055W -0.0417W
2億PV 32.76MWh 41.10MWh -8.34MWh
21.62円/kWh 708,271円 888,582円 -180,311円
1年間(365日) 258,518,915円 324,332,430円 -65,813,515円

電気量単価は、使用料や契約によって変わるのですが、それぞれの単価の「高い料金」を足して平均値として「21.62円/kWh」としました。

Googleの検索ページの表示が約10秒間。
Googleの1日当たりのPVが約2億PV。

1年間で 6581万3515円 も節約できてしまうんですね!

てな結果があるわけで、当ブログも エコな ブラックテーマなんです。

【注意】
GoogleのPV2億というのは、Google全体のことなので、6500万円の節約も世界全体で年間6500万円という事です。投稿日現在の世界の人口が 約67億3000万人 なので、年間一人当たり 0.9銭 の節約になります。
(´・ω・`)ショボーン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です