捕鯨・在日参政権・少年犯罪

捕鯨問題

シー・シェパード(Sea Shepherd) が大活躍です。

日本側の報道では・・・

  • シー・シェパードの船が体当たりしてきた。
  • プロペラにロープを絡ませてきた。
  • 薬品の入った瓶を投げ込んできた。
  • 二名の組員が乗り込んできた。
  • 捕らえた二名を帰そうとするが、応答しない。
  • 二名を帰したら、また薬品の瓶を投げてきた。

一方オーストラリアのメディアは・・・

  • 交渉の為、二人を送り出したが、捕らえられ監禁された。
  • 暗い部屋に閉じ込められた。
  • 何度か海に投げ込まれそうになった。
  • 外部との連絡を取る事は、認められなかった。

それぞれ、自国内向けの報道をしているのが面白い。

従来、自国内向けの報道を見聞きし、それを解釈して「あの国は悪い」とか「なんて事件だ」などと騒いでいたんですが。
近年のネットの普及で、他国の報道やニュースを日本にいながら入手できるようになり、そうも言ってられなくなった気がします。

まあ、それぞれ自国民の悪口や、失態を報道したくは無いわけで、仕方ないのかなとは思いますが。
一国民としては、海外から見た自分達の姿も考え、なぜバッシングされるのか。
妨害行為を行うその目的は、何の為なのか、よく考えたほうがいいのでしょうね。

日本側で撮影された映像
[youtube]http://jp.youtube.com/watch?v=jD_NYhwtAGI[/youtube]
[youtube]http://jp.youtube.com/watch?v=yJtVxiFdKTA[/youtube]

シー・シェパードのニュースページ
http://www.seashepherd.org/news/media_080118_1.html

あと話題の動画「Racist Australia and Japanese whaling ver.1.1 白豪主義オーストラリア
[youtube]http://jp.youtube.com/watch?v=sW1PUJj1nCo[/youtube]

今回は、捕鯨問題について、他の記事については、また今度。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です