大阪府教委が学力テスト結果の公表を要請 – 社会ニュース : nikkansports.com

気になったニュースからいろいろ考えてみる。

大阪府教委が学力テスト結果の公表を要請 – 社会ニュース : nikkansports.com

公表を求める橋下徹知事の強い意向を受けた措置。会議で府の綛山哲男教育長は「知事は事態を深刻に受け止めている。説明責任を果たすためにも保護者らに伝えることが必要だ」と説明した。

しかし出席者からは「知事の脅しのような言葉に屈するのか」「地域との連携はすでにやっている。公表で何を期待するのか」などと反発が相次いだ。

前のニュースで、「公表しない地域は予算を減らす」って言ったことが「知事の脅し」って事になってるのかな。

この点に関しては、脅しでも何でもなくて当然のことだと思うし、むしろ「結果を出さないで金をくれ」ってのは、何に使われるのか、分からんものに支払うのと一緒。

テストの結果が悪すぎて、「いろいろ工夫してもっと頑張るから予算を下さい」ってのなら、分からなくもないんだが、結果を公表しないってんじゃ、評価のしようがない。

こんなの「試験受けたけど、答案は提出してない、だから落ちた。」ってのと一緒な。

テストの結果を公表しない意味が分からないなー。

よく、この手の話題になると「個人情報がなんとかで・・」とか言われるんだけど。学力の公表と個人情報保護を一緒にしてどうすんだ。

頭悪いのがバレるのが怖いからじゃないの?

良かった時は、鼻にかけてさんざん自分から言いふらすのに?

まあ、周りから見ればそういう頑なに閉ざしている奴は、大抵劣っている奴なんだけど。
(今時、「能ある鷹は・・」なんてのはいないよなー)

個人情報関連の話題を聞いたり話してて怖いなと思うのは。

このニュース見たく、学校も社会もあらゆる個人関係の情報が非公開になったらどうなるか・・。

  • 個人の能力を評価する能力主義は無くなると思う。
  • 誰も個人の能力を評価できないから、全ての人が同じ仕事を平等に行うようになる。
  • 身体能力的な差は、どうしても出てくる場合があるんだけど、それば「差別だ」っていう訴訟が起こる。
  • 学校の入試受験票に氏名欄が無くなる。(ID管理)
  • 出席簿にも指名はなくIDだけ並ぶ。

頑張っても評価対象が無いから、きっと皆、無気力な感じになっているか、または皆オナニーな(自己満足的な)仕事ばっかりやる事になるんだろうな。

人は、昔から自分の能力を誇示し、競い合ってきたから、進化してきたんじゃないのかと思う。競い合うから、新しい技術ができたり、新記録が出たりするんだろうに。

日本は、進化を諦めようとしているのかなあ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です