今時の(会社)ホームページはリース契約らしい

最近、あるホームページ制作会社さんに訪問する機会があったので、その時の話。

その制作会社は、iタウンページに積極的に広告を出していたり、リアル店舗でもフレッツの代理店をやっていたりして、一見、通信関係に強い会社なのかなというイメージだったんですね。

ホームページは作りっぱなしでは×

ホームページを立ち上げても、その後の更新がいちいち面倒だったりするのは、よくある事です。

それをこの会社では、「オリジナルの」CMSツールを提供するという事で、解消しています。

  • レゾナント・ソリューションズ株式会社
    WebChanger
    ・ネットショップの更新・管理をする為に必要な、画像更新、文章作成・修正といった作業を誰もが行えるようにソフトウェア化した画期的な商品です。
    ・デザインはプロによるオリジナルデザインで、お店の雰囲気に合ったデザインを提供する事が可能です。
    ・ショッピング機能を搭載しているので、どなたでも短期間でネットショップを導入することができます。

なんとかくインターフェースを見たところDreamweaverの「テンプレート」と「FTP機能」だけを取り出して、Excelに本文を記述する様なソフト。

Excelのようなセルに本文になるテキストや、イメージ画像を入れて、「更新」ボタンを押せば、サーバー上のファイルを更新してくれる。

ダメなところをあげるならば、サーバーとローカルの同期チェックを行わずに“常に上書き”してしまっている所かな?せめてDreamweaverのチェックイン/チェックアウトくらいの機能は付けてほしいところだと思った。

ホームページは¥0円で作ります!?

上記のCMSを導入する事を前提で、ホームページは無料で作成するそう。

そのかわり、CMSソフトと保守費用込みの価格を『リース契約』するそうです。

「その考えは無かったわー!」という声が聞こえてきそうですが、最近はこんな感じで、ソフトのCD-ROMを商材に高額のリース契約を結ぶ制作会社が多いそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です