チケットドリブン開発をしてみるよ(準備中)

あるクライアントから
作業の進行状況、納期などのタスクを随時分かるようにしてほしいって要望があった。

まあ、報告・連絡・相談は、キチンとやってるんだけど、言われるだけで「見える化」がされてなかったのが原因なのかなと。

そんで何故、チケットドリブン開発なのかっていうと。

あらかじめやる事(実装する機能や、修正案件)をチケットとしておけば、「あといくつのタスク(チケット)があるか」「納品まで何工程あるか」とかが、一目瞭然とするんじゃないかと思ったわけです。

チケット駆動開発 Wikipedia

チケット駆動開発 (ticket-driven development; TiDD) とは、プログラム開発手法の一種で、作業をタスクに分割しBTSのチケットに割り当てて管理を行う開発スタイル[1]。作業量や優先順位を正しく見積りながら仕事を進めることができる。 エクストリーム・プログラミングでの実装を想定している。

  • イテレーション計画を作る
  • 仕事を細かいタスクに分割し、タスクを書き出す(チケットの発行)
  • イテレーション単位でタスクをまとめる
  • タスクを一つ選び、実装する
  • 差分をコミットし、完了する(チケットのクローズ)
  • タスクがなくなるまで繰り返す
  •  

    で、使用するバグトラッキングシステムなんですが、LAMP環境で使える Mantis を採用。

    他のバグトラッキングシステムは、何故かRubyやらPythonで書かれたものが多いんですが、使い慣れたPHPを採用してるって事で。

    インストール時に迷ったところ

    よくあるCMSなんかと違って、インストール時には、DBの生成をしないので、インストール時に表示されるSQLをphpMyAdminなどで、実行する必要がある。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です