まだ 2.4GHz で消耗してるの?

AtermWG1800HP2
AtermWG1800HP2

3年ぶりくらいに無線ルーターを更新しました。

2.4GHz はもう限界

今まで、Baffalo WZR-450HP を使用してましたが、最近 Wi-Fi が繋がらないことが多くなった気がして、Wi-Fi の電波状況を調べてみたんですね。

そしたら、これ。

2015_01_22_13_36うちのじゃない、よそのルーターが、うちよりも強い電波出してきてます。

さらに、ご覧のとおり、2.4GHzのほぼ全てが埋まってます。

Baffalo のルーターって、アホなのか?

そして検出されたルーターのベンダーは、ほとんどが Baffalo です。
ここは、推測なんですが、どの無線ルーターも標準で、電波の空きチャンネルを自動で探してるはずなんですが、そのアルゴリズムが悪いのか、時々「まるかぶりのチャンネル」を選んでしまうことがある。

それが分かる度に、ルーターのコンパネでチャンネルを手動設定してたんですね。

でも、悔しいじゃないですか、お互い自動でチャンネルを選んでるとはいえ、電波が弱いから、うちのルーターのチャンネルを手動で変えなきゃなんないって。
なんで、うちだけ一手間多いのさって。

iPhoneもMacも5GHz対応してんだし

そこで、最近話題の 11ac ですよ。5GHz ですよ。

これは、新しいルーターを設置したあとのキャプチャーなんですが。

2015_01_22_13_36

5GHz 空いてるじゃないか。
いくつか 5GHz 使ってるルーターもあるけど、使用してる帯域も狭く、電界強度も弱いので、問題無いです。

ちなみにちょっと離れたとこにあるのは、au がサービスしてる Wi2 premium の電波で、近いとこのは Softbank のWi-Fiでした。

ともかくこれで、ひとまず一安心。

キッチンでレシピ検索とかするよね

5GHz を使用するようになったので、「電子レンジ使ってる間」は、ニコニコ動画が途切れるなんてこともなくなり、料理中に動画見たりもOKになりました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です