【人権擁護法案】言いたい事が言えなくなる日本

おかしな法案が、また出来上がろうとしてる。

人権擁護法案

人権侵害を阻止する為の法案だというが、その中身は・・・

この法案の問題点

  • 捜査令状無しで、「立ち入り」 「証拠の押収」が認められる。
    警察でしたら、慎重な捜査を重ね、証拠・証言を十分に確保した上で、捜査令状を用意するのですが、この法案では「人権侵害だ」と訴えがあれば、人権委員の判断で「人権侵害」と決定され、罰則を受けることになる。
  • 法務省の管轄で、警察ですら介入できない。
    法務省の人権擁護委員会の管轄です。
  • 定義が曖昧な「人権侵害」。それを人権委員が決定できる。
    その大事な決定をするのが、法務省の天下り先ではないかと言われています。
    本来、「人権侵害」という大切なことを判断するのは、司法の裁判官ではないかと思うのですが。
  • 法案における活動報告は、公表されない。
    誰がどこで人権侵害されたのか(人権侵害したのか)一切、公表されない。これは、今後、私たちも何をもって「人権侵害」となるのか、分からない危険性を孕んでいます。
    言い換えれば、人権委員会の「さじ加減」で誰でも裁くことができる。(発言やアクションがなければ、もちろん何もないが)

人権委員5名(うち常勤2名)それと20,000名の人権擁護委員。彼らが「人権侵害だ」と認めれば、警察の介入無しにしょっぴかれる。

さて、彼らが警察の様な、公正な元に人権侵害というデリケートな問題を判断できるのでしょうか?

ますます、コトバニハキヲツケマショウ。

[youtube]http://jp.youtube.com/watch?v=kmOe2iQfm5I[/youtube]

[youtube]http://jp.youtube.com/watch?v=WRkCpKlSE8c[/youtube]

[youtube]http://jp.youtube.com/watch?v=VjBkJOQCwzg[/youtube]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です